FC2ブログ
あららぁ、もう師走かぁ(゚д゚)
 
なんにもしていないうちに一年が終わるね(´∀`*)ウフフフフ
 
最近ホルモンバランスの崩れからくる自律神経失調症かな?
それとも更年期障害?
 
とか思ってしまうほど、集中力もやる気もありません(´・ω・`)
辛うじて日々の生活をこなすといったところです。
 
頭の中がガチャガチャします。
30超えてから頭の中、特に前頭葉がモヤモヤすると言うか
霧がかかってはっきりものを考えられないような?
状況になっていたけど、集中力はあった。
今みたいにものを考える事がおっくうではなかった。
 
少し前に「脳、もやもやする」で検索すると
パニック障害もでてきて驚く(゚△゚;ノ)ノ
 
まぁ、それは、ないな(-_-;)
 
取りあえず、必死に生きているそんな中
この時期にあるのが題名の通り

次年度役員決め
 
もちろん、色々あります。
学校では学年代表と委員活動の代表。
PTA役員。

地区でもあります。
うちは小学校のお母様二種類。
中学校のお母様が一種類ある。
ちなみに私はそれとは別に地区では役員やってます。
 
それと、通級でもあるんですね、保護者会。
そちらの役員決め。

留守家庭子ども会に入っているときはもちろんありました。
ここでは会計やったかな、1年生の時に(-_-;)
何で1年生で? 前年度に決まっていないのか? だよ。
決まらなかったから来年度入って来る1年生の保護者にさせるつもりだったようで……。
酷い話だよね~。

ありがたい事に放課後等デイサービスでは保護者会はありません。
行政のおこなっている福祉サービスだしね(^◇^;)
 
 
で、今どうなっているかと言うと
地区の方はすんなりと決まりました。
嬉しい事に私がやっている委員もご年配の方が
次年度からやっていただける事になって安堵(´・`*)ホッ
これで毎月仕事の休みを取る必要がなくなるヽ(≧∀≦)ノ
もちろん地区で必要なお手伝いはしますよぉ(*^_^*)
 
学校の方ではPTAの選考委員をやっているので活動してます。
あと1人! あと1人!! と言う所まで来ております!!!
 
でもね、会えば話はするけど特に連絡の取り合っていない
お母様のしかも旦那にアポ取りって……。
会った事も見た事もないよ(-_-;)
 
そんな方にPTAの役員をお願いするのってキッツイさ( ノД`)
お願いされた方もキッツイけどね(´・ω・`)
だって、お断りするにも学校に行かなきゃいけないし……。

何故?
勝手に推薦されてやりたくもないPTAの役員を断るために
何故学校まで出向かなければならない?
と、思いますよね。

多分お引き留め、説得を委員や先生方がする為かね??

分かりません(-_-;)
しかし、みなさん良い人ですね・゚・(つД`)・゚・
 
次に学年代表と委員代表と副代表決めの状況です。
因みに私は学年でやっている委員の副代表をしております。
これにPTA選考委員が付随するんだよね(-_-;)

これは必ず保護者の皆様が1人1回は!!
って感じでやってくるんだけど
来年度は殆どそんな人は残っていない状態。
残っている人達はおそらく絶対やらない、かなぁ。
目ぼしい人たちはいるけど、どうなるんだろうねぇ?
(他人事?)
 
しかし来年度は6年生。
そう、卒業式がある。
そしてその卒業式では父母代表として
学年代表が謝辞をしなければならない((((;゚Д゚)))))))

ほんと、誰がやるんだろう?
 
あと、全く決まってなさそうなのが通級の次年度役員。
こちらは去年、一昨年とお断りしています。

学校と地区で役員していてもう無理だよ。
来年はどちらもしない予定だけど
仕事先を変更したいと思案中。
職種は同じでもっと自宅から近い場所を考えています。

また人間関係とか色々と1からやり直しかと思うとグッタリきますが
家や学校から近い方が良いかと。
地震や火山活動、そんでもって北朝鮮の脅威と
子どもからあまり離れていたくありません。

母1人子1人。しかもパニックを起こしやすい発達障害児。
周りに親類もいなければ頼れる人もいないので
いつでも我が王子に安心と安全を与えられる情況にしておきたいです。
 
今年貰った学校のお手紙に、震度5以上の地震があった際は
学校からの連絡がなくてもお迎えと記載があったし。
仕事場から自宅までの時間を計るため、
徒歩で帰宅した事があったのですが結果は1時間10分。

右膝裏の外側の筋痛めました(-_-;)
 
ん~!! でも面倒くさいなぁ。
とにかくまたいい歳こいて、ペーペーから新しく仕事を覚えなければいけない!
と言う事が、面倒なのではなく
人間関係の構築がやっぱ面倒(´∀`*)
 
でも真剣に考えないとねぇ~。
 
 
 
スポンサーサイト
2017.12.01 Fri l 小学校 l コメント (0) トラックバック (0) l top